グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 初めての方へ  > 他のリゾート物件との対比

他のリゾート物件との対比

個人でリゾートマンション・別荘を購入した場合と、会員制リゾートクラブに入会した場合とを比較してみました。


比較1. 初期費用の軽減(購入費用の違い)

別荘の場合リゾートマンション・別荘など個人・法人所有物件などは最低価格でも数百万円から、高級志向なら数億円と初期費用は高額なものとなります。当然の事ながら、税金・管理費・修繕費などのランニングコストも必要となります。所有物件にもよりますが年間経費からみても高価になると思われます。リゾートクラブの場合リゾートクラブの入会費用・年会費は様々ながら通常的に初期入会費用は数十万円から現況平均300万円位が適正価格とされています。ランニングコストとして年会費などが発生しますが現況平均値で3万円~15万円くらいです。年間経費からみても比較的に安価といえます。

比較2. 利用満足度の追求(サービスの違い)

別荘の場合自己物件の利用となると自分の好きな事を自由にやれる利点が大きいと思われます。しかしながら、滞在時間の全てを自分達で行なわれなければなりません。食事の用意・清掃・後かたづけ、せっかくのリラックスタイムが通常の生活サイクルと同じとなってしまいます。利用満足度の価値観はそれぞれ違うと思いますが、楽しみ方満足度は制限されそうです。リゾートクラブの場合リゾートクラブには様々な利用タイプがございますが、そのほとんどはサービスの充実を図ることで会員の満足度を向上させています。大切な時間を通常の生活リズムと異なる過ごし方をする事で新しい発見があり、リラックスタイム空間が誕生します。良質なサービスを提供されることで生まれる満足感は大きな付加価値といえます。利用した時の感動と満足度は幸福感をみたします。

比較3. 利用頻度(施設数の違い)

別荘の場合自己で所有するリゾート物件(別荘)などは1ヶ所に限定されることが多く、年々その利用頻度は減少する傾向にあると言われます。せっかく所有している物件(別荘)などがメンテナンス不良などの要因で利用しなくなるなど問題点も多いようです。総合的な利用頻度からみた場合には合理性に欠けるかもしれません。リゾートクラブの場合リゾートクラブは様々なロケーションの中で複数の施設を所有しているクラブが多く、会員の利用頻度を促進しています。リゾートクラブの運営する各施設はそれぞれに特徴があり、その楽しみ方も多様化しています。自分達のライフスタイルに合ったリゾートクラブであれば当然の事ながら利用頻度は向上します。
リゾートクラブの上手な活用方法は複数の施設を利用し楽しむ事です。